派遣の品格について

人材派遣、人材紹介、紹介予定派遣…ハケン会社をめぐるリアル情報(?)

派遣の品格カテゴリー項目一覧

派遣(ハケン)の基礎知識

派遣・ハケンってなんだ?

派遣・ハケンってなんだ?

まあ、堅苦しく言えば

「労働者派遣(ろうどうしゃはけん)とは雇用形態の一つで、事業主(派遣元という)が自分が雇用する労働者を自分のために労働させるのではなく、他の事業主(派遣先という)に派遣して派遣先の指揮命令を受けて派遣先のために労働させる事をいう。」

ということ。
これはウィキペディアの引用なので、そこんとろこ了承のほどを。

要は、会社に直接バイトなり契約社員なりで雇ってもらうわけではなく
あいだに仲介業者がはいっているわけね。
いわゆる人材派遣会社。
ここがピンはねするわけだから
ちょっと考えると、直接雇用されるより「損」する気がする。

でも、あんまり、そうではない。

これ、雇うがわの立場を考えるとちょっとわかる。
バイトでも社員でも、雇う前に求人しなくてはならない。
これ、お金がかかる。
会社によっては、毎月の人員補充のために何十万とか
あるいは7桁のお金をかけることもある。

人材派遣会社にたのめば、このコストが節約できる。

さらに、「ダメ社員」だったりしたとき
直接雇用だと、そうそうクビにしたりチェンジしたりできない。

でも、人材派遣会社経由だと、「チェンジ」オッケーなわけ。

とまあ、いろいろ便利だから、ちょっと時給が高くても
総じて考えると「便利で割安」になる。

だから、相場よりちょっと高めの時給だったりしても
雇用主の会社もオッケー、人材派遣会社もオッケー、
ハケンで働く人もハッピー、という図式もありうるわけ。

でも、昔はなかったんだよね、こういう制度。
どうしてなんだろ。