スポンサードリンク

手編み入門について

大好きな家族やお友達へのプレゼントに、なにか手作りのものを…と思い、手編みに挑戦することにしました。編み物というと難しそうなイメージもありますが、経験者の友人に聞いたところ「習うより慣れろ」とのこと。そこで、失敗を恐れず手編みグッズにチャレンジしてみたいと思います!

手編みグッズの魅力

リサイクルもできる

「寒い日は膝が痛む…」といつもこぼしている母へ膝掛けをプレゼントしようと思い、デパートへ下見に行ったのですが、あまり気に入ったものがみつかりませんでした。そこで「自分で作ってみるか!」と、手編みに挑戦... 続きを読む

失敗しても…

「寒い日は膝が痛む…」といつもこぼしている母へ膝掛けをプレゼントしようと思い、デパートへ下見に行ったのですが、あまり気に入ったものがみつかりませんでした。そこで「自分で作ってみるか!」と、手編みに挑戦することに…。学生時代、家庭科の成績も中の下だったし、手先も決して器用な方ではないので、実はとても不安です(笑)

そこで、手芸が趣味の友人に相談してみたところ、膝掛けのように平面のデザインなら初心者でも簡単にできるのではないかとのこと。また、毛糸にもいろいろな種類があり、起毛してるものや凹凸のあるものなどは、編むときは少し面倒だけど、その分編み上がりのムラが目立ちにくいそうです。

さらに友人から衝撃的な一言が…
「出来上がりが気に入らなかったら、ほどいて編み直せるのが手編みのいいところ!」
なるほど。失敗してもやり直せると思えば、気軽にチャレンジできそうです。
それに、ほどけるってことは、将来編み物が上手になった暁には、膝掛けをレッグウォーマーやセーターなんかに作り直してリサイクルできちゃうってことです。ということで、まずは毛糸選びから…。将来のリサイクルも視野に入れ、お洒落な雰囲気の毛糸にしてみたいと思います。

Google

手編みグッズの魅力

サイト内検索